家づくりについて

福岡での注文住宅 | 百田工務店 > 家づくりについて > 03光・風

  • 01設計
  • 02暮らし
  • 03光・風
  • 04収納
  • 05検査
  • 06繋がり

01設計

01設計

●見た目のデザインだけではなく、その地域の風向きを考えプランします。
●どの角度からどんな風や光を取り入れれば快適な住まいになるかをシミュレーション致します。

室内に風を通し、太陽の光をコントロールしていた先人の知恵を私たちは受け継ぎます。
それは単に「窓」の配置に止まらず、例えば夏の暑い日には昔ながらのよしずに変えて外付けのブラインドシャッターを
取り付けてみることで光は遮るけど風は取り入れることが出来ます。

01設計

太陽の動きを知る〜季節により変わる「光」の角度
住まいに差し込む陽の光は、季節によってその角度が変わります。
その動きを知ることにより、暮らしにうまく光を取り入れます。

季節による太陽の高さ

陽の光と上手に付き合う〜方角に合わせて「日差し」をコントロール

方角によっても日差しの角度は変わります。
方角に合わせた日差しの採り込み方と遮り方を知って、
快適な住まいづくりに活かしましょう。


・夏の高い高度の日差しは水平に遮り、冬は低い角度の日差しを採り入れる
・低い位置から強く差し込む夏の西日は、垂直に遮る。


  • 光の遮り方:南面

  • 光の遮り方:西面

窓の位置を工夫する〜取り入れた「光」で演出する住まい

窓は大きさだけでなく「配置」もポイント。
窓の配置のしかたで光の取り入れ方を変化させ、
部屋の雰囲気を演出することが出来ます。


  • 高い位置の窓:
    部屋の表情を明るく

  • 低い位置の窓:
    部屋に落ち着きを与える

北面の窓を活かす〜配置の工夫で冬も快適に
北面から差し込む光は1日を通して均一な光を採り入れられるため、読書や絵画などの趣味の部屋に
適しています。また、天窓のような高い位置に配置することによって、より明るく感じられ、断熱効果の
高い窓を選べば温かさを逃しません。

天窓などで北側の
柔らかな光を活かす

風

風の動きを知る〜地域と季節によって異なる風向き
日本は南北に長く、背骨のような山脈があることで、地域ごとに季節風の風向きが異なります。
夏は涼を得るために風を取り入れ、冬は風による寒さを防ぐ。
住まいづくりを始める前に知っておきたいポイントです。

地域の季節風の風向き

風の通り道を作る〜間取りや建具で風の流れをフォロー

取り込んだ風を効果的に家の中に通すには、シンプルな間取り
のほうが効果的です。室内に風の通り道をつくってあげましょう。
【右図】間取りの違いと風抜けしやすさ(弊社解析結果より)


  • 風抜け不良:
    細かく区分けされた間取り

  • 風抜け良:
    開放的な間取り

風の出入り口を考える〜上手な風の取り込み方
地域ごとの風向きに合わせて、風上に風の入り口となる窓を、そして風下にも風の出口となる
窓をつくりましょう。それにより、効果的に風を取り込むことができます。

風の出口があってこそ、
風が取り込める

通風・日照シミュレーションします!

見た目のデザインだけではなく、建築されるその地域の特性を捉えて、どの角度からどんな風や光を取り入れれば
快適な住まいになるかをシミュレーションします。

アドバイザーに相談する
お問い合わせ・資料請求

© 2012 MOMOTA CONSTRUCTION COMPANY. ALL RIGHTS RESERVED.